kutsusita

靴下の節約

スポンサーリンク

世の中にはいろんな節約があります。つぼね子が熱心に取り組んできた、固定費や通信費をなるべく抑えて、その差額を貯金にまわす。とか自炊をするとか。私が取り組んできたことはお金にすぐ帰ってくる方法ばっかりでしたので、本日紹介する節約は目からウロコでした。すぐにお金に変わる方法ではありませんが面白いのでご紹介します。

 

 

靴下は同じ色を購入する

ただそれだけです!笑
同じ色を購入する理由は、

  • 片方が破れたりすりきれたりする時に同じものを卸せば、一足ずつ使える!
  • 洗濯をした時に全て同じなので迷わなくて済む

特にこの、選択をした時に探さなくて済むというのがつぼね子の心にぐさっときました。毎回靴下を探すのって面倒ですよね。黒や灰色の靴下だと似ているから、探すのに時間がかかってどうしてもイライラしてしまいます。
さらにうちではありがたいことにブーさんが私の分の洗濯物をたまに畳んでくれるのですが、材質色等全く気にしないので、バラバラでまとめられてます。ありがたいけど…また探すのに時間がかかってしまうんです(なら自分でやれ!、つぼね子)。

だけどこの方法なら、探さないでいいのでかなり魅力的です。

 

 

くつした3足1000円の罠

靴下つながりでこちらもご紹介します。

靴下を買いに行くと、つい「お買い得! よりどり3足セット1000円」を選んでしまう人も多いでしょう。1足あれば十分なのに、割安でおトクそうという理由だけで、1足の3倍近い金額を抵抗なく、ポンと払ってしまいます。

出典:http://news.kodansha.co.jp/20161109_b01

 

節約好きこそ、ムダ遣いをしている!…「私たちが1万円トクした嬉しさよりも、1万円損した痛みのほうをより強く感じる」ということを分析しています。出典:http://news.kodansha.co.jp/20161109_b01

 

 

勉強になりますね笑!

角度の違う意見を二つ並べて感がて見ると、果たして同じ色の靴下を買って、お得なのか、それとも便利なのか….まだ実践していないつぼね子はなんとも言えません。笑

 

ただ、3足1000円の靴下はかなりの購入してました笑

 

なんにせよ誰のお得になるかわからない言葉に乗せられるよりも、お金を出さない日を作った方が節約には効果的でしょうね。

 

スポンサーリンク