syouhi_rouhi_toushi

簡単節約方法 7.欲しいものはお金が貯まってから買う

スポンサーリンク

本を読んでいると、買い物をする時にその買い物が
「消費、浪費、投資」どれに当たるかを考えるといいといいます。
理想の割合としては「消費:70% 浪費:5% 投資:25%」だそうです。また、お金の使い方を3つに分けて考えてみると
————————————-
投資とは、買ったもの>支払った金額
消費とは、買ったもの=支払った金額
浪費とは、買ったもの<支払った金額
————————————-
だそう。
自分の買ったものが支払った以上の価値があるのか、また支払った以上の価値を生み出すのか、これを見極めるのはかなり熟練の能力がいるかもしれません笑
 

買い物を投資、消費、浪費に分けて考える

つぼね子は買い物をするときに、正直言いますと、そこまで深く考えられてません。(意識が低いですね。。。反省)買った後随分時間が経って改めて考えると、これは浪費だなあ..と思ったり出来るんですが、当時は投資だと考えていただろうなあ…と時間がたたないとわからないですよね。

例えば、グルーバルな人間になる!といって英会話学校に通い始めたとして、そのおかげで海外で起業できたとなればそれは「投資」。

同じ状況でグルーバルな人間になる!といって英会話学校に入学したものの、学校に行かなった。となればそれは「浪費」。

自分のやりきる熱意や特性も含めて考えて、時間が経って見て自分の状況から判断して決めるのは激ムズです。ただ自分の購入が常に「自分への投資」になるかを考えるのもいいですよね。
 
 

浪費対策!欲しいものは現金が貯まってから

つぼね子にとって結構な金額、10万とかするものは、その金額が貯金、消費から補充しなくてもいいように現金が貯まってから買うようにしています。
ついこないだも急に新型スマホ欲がむくむく大きくなった時があります。「欲しくて欲しくてどうしようもない!!今すぐ買いたい!」と思って、ぶーさんに言ったらなんとぶーさんも欲しくなってしまいました….
(さすが!!!笑)
我が家は15万程度の浪費をしそうになりました。

 
 

欲しいものは現金溜まってからを習慣化

ところが「買える額の貯金をしてから購入」の習慣があるつぼね子からの提案で「別途、現金が貯まってから買おう」と提案し、スマホ貯金を始めたところ貯まった頃にはなんと欲しくなくなっていたのです!!笑
新品のスマホがだいたい1台7.5万くらいで×2台分、それにスマホケース等をあわせると8万円以上の浪費をしていたかもしれません。
しかも何の前触れも無く欲しくなってしまったものに、結構な大金を使ってしまうのです。
物欲って本当に理性で考える事が出来なくなるくらい、突発的な衝動になり得るのですね。人間って不思議です。

<参考にさせて頂いてます>
・貯めて増やす横山式 第二回 消費・浪費・投資の3分割家計管理で自分軸を作れ
参考:http://gendai.ismedia.jp/articles/-/31291?page=2

スポンサーリンク