setsuyakuhouhou

貯金生活の前準備

節約って聞くけど、いったいどうやったらいいの?

分らなかった私はとりあえずいろんなわかりやすい本を読んでみました。

 

 

<良かった点>
・年収200万代の当時の私でも貯金が出来ることにほっとした。
(何となく年収が低いため、貯金をあきらめていた部分もありました涙)
・支出を減らすことが大事だと気付いた。
・自分でも出来そうなことが何個かあった。
・自分と似た境遇の人が実例として掲載されていたため、漠然と理想の自分の姿が想像出来た。
人が生きる上で、どの部分にお金をかければいいのか
削ればいいのか…それを自己流ではなく専門家の意見を1,000円弱で学べるって
今となってはよかったと思ってます。
■知識0の貧乏OLの私でも、特に分りやすかったもの。
——————————————-
<オススメ書籍>
・年収200万円からの貯金生活宣言 /横山 光昭(著)

——————————————-


あとはインターネットに乗っている理想の支出割合を参考にして、
理想支出割合と現実の支出割合を比較できる、エクセルを作成しました。
まず一ヶ月、そのエクセルに自分の支出を入力してしてみるのです。

支出をエクセルに打ち込んでいくと自分の「支出の傾向」も何となく分って来ます。
飲み代かかり過ぎだったなあとか

家賃高過ぎるかもとか
通信費も高過ぎる…とか
また当時、つぼね子は仕事のストレスを洋服を買う事につぎ込んで発散させていることもありました。(収入少ないのに浪費 涙)
インターネットでいいなあと思った洋服をワンクリックで購入。
翌月何を買ったか忘れているのに、クレジットカードの請求が来ると言う悪循環が出来ていました。
支出をエクセルに入力していると、そういった自分の浪費傾向に気付いたりもしました。

一ヶ月かけて作った
現実の支出割合を
理想の支出割合と比較する。

そして数ヶ月かけて、自分の支出割合を理想の支出割合近づける。
そうすることで、
<出費を抑えて、貯蓄にまわす!!>

こんな感じで節約土台を作って、節約生活を開始したのでした。

——————————————-
<ご参考までに/理想的な支出の割合>
・「理想的な支出の割合」を知ってしっかり貯蓄できる家計になろう!/ザイ・オンライン