chochikusumai

貯蓄額と住まい

スポンサーリンク

やっと金曜日です!やったーつぼね子は最近暑すぎてクーラーをつけて寝てたのですが、それで体調を崩してます。皆さんもお気をつけくださいね。

今回も面白い記事だったのでご紹介。

 

 

貯蓄額と自宅の「立地」に不思議な関係アリ!
「高貯蓄家庭」の40%が「通勤時間30分未満」の職住近接ライフを送っていることも判明。職住近接型の家庭は、「低貯蓄」では30%で、10ポイントの差がついている。

出典:https://news.finance.yahoo.co.jp/
detail/20170727-00003115-rakumachi-column

よく読んでいると”世帯年収1500万円以上で子どもがいる男女”とのことで、前提からしてつぼね子と全く違う話ではあるのですが笑面白いです。

 

 

貯蓄と自宅の立地

高貯蓄の方々は仕事場から、自宅までの通勤時間が30分以内とのこと。なんとなく、お金持ち達は山を目指すイメージがあったのですが…現代のお金持ち達は山は目指さず、会社の近くにお住まいとのこと。

記事にも書いてありましたが、仕事中心で働く人が職場近くに住んで高収入になって買えたのか、元々の収入が多いから職場近くに購入できたのかは不明ですけど…笑

確かに通勤時間が長いとストレスもたまるし、通勤時間は短い方がいいですよね。

 

 

住まいの二極化

つぼね子の会社の方々も、地方に戸建てを構えて2時間くらいかけて通勤される方、会社近くの都市部30分以内のマンションを購入して共働きで支払う方…色々いらっしゃいます。

特に都心部に購入した同僚は、マンションが値上がりしているという話をしていました。笑

賢く貯める若い労働者達はそういった面でも暮らしを柔軟に捉えて貯蓄額を増やしているのかもしれません。

漠然と周りがそうだから、こうすべき!と考えて住まいやライフスタイルを選ぶことがあまり賢い選択ではない時代なのかもしれないですね。

 

 

家賃のない暮らしへの憧れ

今回の記事を読んで職場近くで暮らす方の方が高貯蓄であることよりも、「家賃や住宅ローンの負担なし」で高貯蓄な方々です!

そりゃ家賃負担なければ、貯蓄に回せますよね!

親が家持だったりとか、高待遇の会社で家賃補助が9割ぐらい出るとかなんでしょうか…..

 

いつか家賃なしの生活がしてみたいなあ…..笑

家賃0の暮らしが羨ましい!!

 

スポンサーリンク